PAGE TOP

|株式会社大興製作所| UV-LED、レーザー、紫外線ランプを光学技術と組み合わせてご提案

TIRレンズ (深紫外対応)

LED光源の多くは120°程度に拡がった光を出射します。
当社ではシリカガラスによるガラス成型技術を用いており、UV-LEDから出射される400nm以下の光にTIRレンズに透すことにより、直進性の高い光を作り出します。また、特に300nm以下の光を発する深紫外LEDにおいても高い放射照度を実現し、様々な用途においてご利用いただいています。
【材質】シリカガラス

TIRレンズ(深紫外対応)

特 長

  UV光(特に深紫外領域)における優れた光透過性

  優れた耐熱性

  高い指向性により照度をアップ

※組込みの対応可否について、モジュール化も対応可能ですのでご相談ください。


 こんな事でお困りの方へ


  1. 深紫外LEDが高価なので、出来るだけ使うLEDの数を少なくしたいけど照度が...
  2. 深紫外LEDの光を絞りたいが、深紫外領域(UVC)に対応したレンズってあるの?
  3. 対象物まで距離があり、照度が確保できるか不安な方

※モジュール化をご検討の方はこちらへ ➔ UV-SPOT(高出力UV-LED照射モジュール)



TIRレンズの放射照度

※ご仕様に応じたカスタム対応が可能です、お気軽にお問合せください。


仕 様

型 番 DTL-316501
サイズ(㎜) 直径 16.5×9.2
波 長 265㎚~
照 度 36㎽/㎠ (280㎚, W.D=20㎜)
配光角 約10 deg
TIRレンズ配光角